競馬で家を建てたいブログ(仮)

毎週競馬で勝って家を建てたいと思うブログ。ここから一発逆転できるといいですね。競馬(予想・一口クラブ・POG)のことを記事にしていきます。

一口馬アグレアーブルの出走とその結果

シルク会員のクロフネです。

2019年2月17日(日)の東京8R。

このレースがラストランになるかもしれない。

アグレアーブルの出走でした。

アグレアーブルに出資してから約5年。

初出資馬が引退する年になりました。

最後に一花咲かせたいところですが・・・

ラストラン(予定)の結果はどうだったのでしょうか。

アグレアーブルの出走結果

出走レース

前走の山中湖特別(東京芝1800m)から約4ヶ月半ぶりの出走でした。

2019年2月17日(日)東京8R芝2000mの混合戦。

久しぶりの平場のレースでした。

9頭立てのレースになった東京8R。

出走登録の段階では母アパパネのジナンボー(堀厩舎)が登録していましたが、出走を回避。

少しだけ相手は楽になったかなという印象でした。

それでも2歳時に札幌2歳Sで2着と好走したファストアプローチ。

近2走連勝中の良血馬モクレレ。

東京コース巧者のディープインパクト産駒のサーレンブラント。

骨っぽいメンバーが揃っていました。

出馬表を見た段階では厳しい競馬になりそうという見解を持っていました。

アグレアーブルの状態

昨年の10月末の前走から間隔が空いたアグレアーブル。

前走後は天栄に放牧に出されたのですが、状態が全く上がってきていませんでした。

前走のレース内容に不満がありましたし、その後も状態が良くないという状況。

正直、がっかりしました。

更新の度に

馬体が回復してこない

毛艶が良くない

とのコメントが見られてました。

2019年の3月にクラブの規定で引退するのですが・・・

 

それでもこの3週間くらいで状態が上向いてきたアグレアーブル。

中山開催を目指すのかと思いきや、2月最後の東京開催に間に合いました。

急仕上げ感も強いので、半信半疑の思いを抱いていました。

 

レース前のパドック

もはやいつも通りと言ってもいいかもしれないチャカチャカ歩きでした。

「アグレアーブルが帰ってきた!」という感じ。

こういう馬なのでしょう。ここに関しては特に気になりませんでした。

思い返すと、これまでも激しいイレ込みはなかったかもしれません。

気性が良い賢い馬ということを再認識しました。

馬体の雰囲気は「悪くはないかな」という印象。すこぶる良いというわけではないけど、好走しても不思議じゃない出来に映りました。

なんとか好走を期待したい。

そして次走に繋げてほしい。

おそらく使ってからの方が良くなると思っていました。

次があればの話ですが・・・

アグレアーブルのレース

東京芝2000mは先行かつ内枠が有利なコース。

少頭数のため是が非でも先行してほしいと望んでいました。

岩田騎手はかもめ島特別で謎の後方からの競馬をした騎手です。

「今回は真面目に仕事してね。」という念が通じたのか、抜群のスタートを決めてハナを主張します。

途中で人気のファストアプローチにハナを譲り、2番手での競馬。

展開としては文句ありませんでした。

むしろおあつらえ向きで、チャンスがありの競馬です。

絡まれることなく4コーナーに向かい、長い直線へ。

逃げるファストアプローチを捉えに追い出されましたが、上へ上へ行くフォームで伸びきれず。

そのままファストアプローチが逃げ切り、アグレアーブルの後方インにいたトラストケンシンにかわされて3着でした。

頭が高いのはいつものことなのですが、今までに見たことがない走り方でした。

 

レース結果を受けての感想

レース内容にはかなり満足しております。

去年の10月以降に放牧に出されてからはトーンが低かったこともあって、出走できるのか不安でした。

そこから身体を戻し、なんとか態勢を整えて3着。

この条件でもやれるというのを見せてくれました。

あとはもう1戦あるかどうかですが・・・レース後のコメントでもう1走するようです。

何事もないのが条件ですが、もう一度レースに出走してくれるのは嬉しいです。

降って湧いたラストチャンス。

しっかりと決めて繁殖に上がってほしいですね。

有力になりそうなのは3/10の館山特別(芝2000m)か3/16の平場2000mでしょうか。

どちらにせよ、なんとか時間を作って見届けたいと思います。