競馬で家を建てたいブログ(仮)

毎週競馬で勝って家を建てたいと思うブログ。ここから一発逆転できるといいですね。競馬(予想・一口クラブ・POG)のことを記事にしていきます。

愛馬ディアンドルは阪神JFに出走することができるのか?

どうも〜、シルク一口会員のクロフネです。

 

11月1日から始まったシルク1歳馬の馬名募集。

愛馬の名前を決めるまたとない機会なのですが、ピンと来たものがなく困っております。

馬名募集もそうなのですが、今はこちらの問題のほうが強いです。

ディアンドルは阪神JFに出走できるのか?

カンナSを快勝し、その先に広がった果てしない希望。

しかし、ディアンドルが抱える問題は大きいようで・・・

 

今回はそんな問題にスポットをあてました。

出走できると嬉しいですけどね・・・

ディアンドルが抱える問題

骨瘤を抱えていること

デビュー当時から出ていた骨瘤。一向に治りません。

毎週の更新に書かれているという【骨瘤】というワードが憎くなってきました。

この骨瘤、完治するというのはなかなか難しいようです。

その状態で走っているディアンドルには頭が上がりません。

この骨瘤がしっかりケアされない限りは万全の仕上がりで出走するということはなさそうですし、今後のことを考えると無理する必要もないのかなって思ってしまいます。

 

次走の鞍上が未定

新馬戦は福永騎手。

未勝利戦は北村友一騎手。

カンナSはモレイラ騎手。

すべて鞍上が違っております。

カンナSは短期免許のモレイラ騎手なので、阪神JFに出走できたとしても乗れません。

北村友一騎手はアイビーSを勝ったクロノジェネシス(父バゴ)がいますし・・・

そうなると福永騎手になりそうですが。

希望をいうのであれば、是非乗って欲しいです。

勝つことができなかったダービーを制覇。それだけでも心強いのですが、牝馬のG1はめっぽう強いイメージ。

ダイワエルシエーロ、シーザリオ、ローブデコルテでオークスを3勝。

目標の桜花賞もプリモディーネ、ラインクラフトで勝利。

「福永くん、牝馬G1を勝ちたくないか?」

スタートも上手いですし、ディアンドルにはぴったりなんじゃないかなと。

外国人騎手は本番で乗れない可能性があるとすると、先手を打つことにこしたことはないはずです。

まあ私は「モレイラ騎手が通年免許が取得できたら乗っていたかもしれない・・・」という想像を未だにしていますけどね。

そりゃ誰だってしますよ・・・

 

期待値が高くなりすぎ問題

私がこの馬に出資したときこう思っていました。

「順調に進んだら春に間に合うかもしれないし、先々も楽しめそう。」

「目標はテトラドラクマだ。」

そう思っていたので、2歳で夏に新馬2着、夏に未勝利を即勝ち、カンナS(OP)勝ちは嬉しい誤算でした。

何よりも期待値を高める要因になっているのは新馬勝ち馬のファンタジストの存在です。

新馬から小倉2歳S、先週の京王杯2歳Sも勝利して3連勝中。

贔屓目で見ると、仕掛け次第では新馬も勝てたかなという内容であったため、この馬と差がない競馬をしていたところを見ると期待値は当然上がります。

それにファンタジストは牡馬でディアンドルは牝馬。

グランアレグリアがいる今年の牝馬戦線。強い馬が出ないことに越したことはないので、安心ですね。

現状でも1200~1600mならば、重賞でも勝ち負けできるチャンスはありそうで期待値が上がらないわけがありません。

 

まとめ

ディアンドルが抱えている問題は現状3つ。

  • 骨瘤を抱えていること
  • 次走の鞍上が未定のこと
  • 期待値が高くなりすぎていること

要するに、阪神JFは無理なんじゃないかって話です。

ディアンドルの状態が上がってから次走を決めるというのが一番良いのではないかと。

阪神JFまでちょうど1ヶ月ほどですしね。

休み明けは気になりませんが、さすがにまだ坂路でハロン17秒では態勢が整ってない印象を受けます。

まあ私にできることは愛馬の出走や活躍に期待を膨らませることと現状を知ってこうやって書くことしかありません。

本当に無事にいってほしい。

ただそれを願うのみです。