競馬で家を建てたいブログ(仮)

毎週競馬で勝って家を建てたいと思うブログ。ここから一発逆転できるといいですね。競馬(予想・一口クラブ・POG)のことを記事にしていきます。

シルクホースクラブの2018年度1歳馬募集馬を評価する〜エピファネイア産駒〜

こんばんは、クロフネです。

土日は良い思いをしたクロフネさんですが、今週は厳しい現実と向き合う週末です。

まずは函館でベルフロレゾンが出走。

そしてもう一頭。新潟の3歳未勝利戦にシルフィウムが出走。

この時期の未勝利出走はお腹がキリキリしますね。

果たして好走できるのでしょうか。

なんとしても5着以内に来てもらいたいところなわけですが・・・

この馬なりに良くはなっているのですが、いつまでも待ってはいられない状況。

この馬の未来はこの馬自身に切り開いてもらうしかありません。

頑張ってもらいたいですね。

ベルフロレゾンのことはまた次回記事にするとして。

今回はエピファネイア産駒を評価します。

2018年度が初年度産駒となっているエピファネイア産駒。

全部で3頭。

17.ヴァルホーリングの17

18.アドマイヤセプターの17

54.ディープストーリーの17

一頭だけずば抜けて人気を集めそうな馬がいますね(笑)

それ以外はどうでしょうか。それではいきましょう。

17.ヴァルホーリングの17  評価△  出資したいレベルE

かなり筋肉がガッチリしているタイプですね。胸前と短く太い首が特徴的。

前で粘り込みの競馬をするのが目に浮かびます。切れるという印象が持てませんね。

さすがにガッチリしすぎていて、手が出ませんね。

 

18.アドマイヤセプターの17  評価◯  出資したいレベルD

リスト段階から狙っていましたが、絶対に人気になるだろうしということで出資申込みを諦めた馬です。

エピファネイア産駒らしく、筋肉量が豊富なのに牝馬らしい線の細さも見受けられます。

それが絶妙なバランスを保っていて、立ち姿が非常に美しく見とれてしまいますね。

エピファネイアで体質を強化。

母父にキングカメハメハ、そしてエアグルーヴがいる血統であれば 切れ味を補えるでしょう。

近代競馬の結晶とでも言える本馬。走らないなんてことはないでしょう。

出資の有無にかかわらず、この馬をずっと追っていきたい馬ですね。

あえて言うならば厩舎が少しというかかなり残念ですね。

そういう部分もあってD評価。厩舎でマイナスポイントになってしまいました。

それだけ期待されている馬を預かっているということ胸に刻んで、活躍させてもらいたいですね。

 

54.ディープストーリーの17  評価△  出資したいレベルE

サンデーの3×4。この血統を可能にできるのがエピファネイア産駒の強みでしょう。

本馬は母ディープストーリーの初仔ということもあって、気になるのはやはり体質などでしょうか。

馬体を見る限りでは明らかに小さいということはなさそうですね。

黒く光る馬体の美しさが際立ちます。

ただあまり惹かれる筋肉というか身体ではないかなという印象。

小さくまとまってしまいそうなイメージもあります。

あとは、母母リードストーリーが目立って活躍馬を出していないのも気になる材料。

 

<まとめ>

評価は以上となります。

どれも共通して言えそうなのは、体質は強化されていそうということ。

これは一口馬主として重要なポイントではないでしょうか。

いくら能力が高いとはいえ、体質が弱くて使えないとなるとなかなかの痛手になりますからね。

そういう部分では今後お世話になる種牡馬だろうなと思いました。

私は出資申込みはしませんが、この3頭を今後もチェックしていき、来年、再来年の今後に活かしていきたいなと思っております。

この3頭の中ならアドマイヤセプターの17で間違いないでしょう。

ただ厩舎が(しつこい)

 

ご閲覧頂きありがとうございました。