競馬で家を建てたいブログ(仮)

毎週競馬で勝って家を建てたいと思うブログ。ここから一発逆転できるといいですね。競馬(予想・一口クラブ・POG)のことを記事にしていきます。

シルクホースクラブの2018年度1歳馬募集馬を評価する〜オルフェーヴル産駒〜

こんばんは。クロフネです。

週始めから楽しみにしていた愛馬の出走が確定しました。

7/28(土)  小倉1R  ディアンドル

7/29(日)  札幌11R アグレアーブル

どちらも非常に楽しみ。ディアンドルは夏の小倉開催の一発目のレースということで、この馬の勝利で開幕してほしいですね。

アグレアーブルはマジックマンの異名を持ち、毎年の札幌開催で圧倒的な存在感を放つモレイラ騎手が騎乗ということで期待は高まります。

ただあくまでと1000万条件馬であり、チャレンジャーの身。無理のない競馬であわよくば好走してくれたは嬉しいですね。

 

前置きはこの辺で終わりにして、今回はオルフェーヴル産駒を評価していきます。

現3歳が初年度産駒だったわけですが、初年度から皐月賞エポカドーロ、2歳女王ラッキーライラックを輩出。オルフェーヴルの爆発力をしっかり引き継いだ馬が結果を残しております。

その反面、募集価格や落札価格が高かった割には目立った活躍が出ていない事実もあります。

まだ初年度ということもあって掴めていないところも多くあり、ピンポイントで狙うのは難しい父なのかなという印象を持ちました。

 

今年募集された馬は5頭。

11.ロザリンドの17

12.アイムユアーズの17

46.タイタンクイーンの17

47.ベッラレイアの17

48.ナイキフェイバーの17

人気を集めそうな馬が含まれてますね。

実際にもう相当な人気が予想されそうです。

正直これは人気すぎて無理

っていうのがいます。

それでも一頭一頭評価していきたいと思います。

 

11.ロザリンドの17  評価△  出資したいレベルD

母ロザリンドは父シンボリクリスエスシーザリオエピファネイアの全妹。

現役時は残念ながら未勝利で引退してしまいましたが、母の産駒の人気は凄まじいものがあります。去年のロザリンドの16は1番人気。そのときは父がルーラーシップで今回は父が変わってます。

とはいえ素晴らしい血統であることに変わりはありません。

さて馬体はというと、漆黒の馬体で素敵ですね。

立ち方や歩き方を見ても特に問題ないように見えます。

あとはロザリンドの繁殖能力の高さがどうかというところでしょうか。母は未勝利引退。兄はまでデビューしていないのでどの程度やれるのかわからない。難癖をつけるならそこらへんでしょう。

自分はオルフェーヴル×シンボリクリスエスで切れ味のイメージが湧かないので、そこが気がかりだと思っています。

 

12.アイムユアーズの17  評価◯  出資したいレベルD

リスト段階から圧倒的な人気を集めるであろうことを予想していた当馬。厩舎や価格が公開されてからそれが確信に変わっていました。

先日公開された現段階での募集馬申し込み口数も堂々の一位。それはそうでしょう。

馬体は文句なしでしょう。特にオルフェーヴル産駒で比較すると一番よく見えます。

立ち姿が本当に美しい。

これが総額3500万円なら安く思えますね。

自分はこれは最優先でも通る気がしないので見送りの方向です。

 

46.タイタンクイーンの17  評価▲  出資したいレベルC

シルク馬ストロングタイタンの妹になる当馬。

姉全員がアメリカの重賞ウィナーという触れ込みの牝馬です。

これも美しいですね〜。全くゴツゴツしていない。

力強さに加えて流線形がとても綺麗。

これも3500万円ですか。安いんじゃないですかね?

管理するのはラッキーライラックを管理する松永調教師ですし、普通に走ってきそうです。

 

47.ベッラレイアの17  評価◯  出資したいレベルC

ディクタスとダイナサッシュの全兄弟クロスがここで見られるとは思いませんでした。

ベッラレイアの子はイマイチな子が多いのが現状ですが、それを打破するのはこの馬かもしれません。

そういう馬にいくのは気が引けるな〜と思っていましたが、カタログ見てとてもよく見えました。

無駄な筋肉がない割にお尻の盛り上がりがすごい(気がする)。

三振かホームランかというタイプかもしれませんが、牡馬に出た今回はひょっとするかもしれません。

気性面で悩まされなければ大きいところを獲るかもしれませんね。

割と申し込んでもいいかなと思った一頭です。

 

48.ナイキフェイバーの17  評価△  出資したいレベルE

私が出資しているシルフィウムの妹になります。

他の兄弟はJRAで1勝以上しております。

シルフィウムは・・・これから勝ってほしい(願望)

シルフィウムに出資しているものとしては、勝ち上がるために時間を要しそうだなと。

シルフィウムでさえトモが小さいと言われていて、まだ未勝利を脱出できず。

出資した段階ではキンシャサノキセキ産駒だし、大丈夫だろうと踏んでいたのですが、甘かったですね。

そういうことを考えると自分には申し込む選択肢はありません。

 

<まとめ>

オルフェーヴル産駒の評価は以上です。

5頭の中でどれが良いかな?ってなると

アイムユアーズの17

と言いたくなりますが、

それだと大多数と同じ意見になると思うのでつまらないですよね。

というわけで私は

タイタンクイーンの17

ベッラレイアの17

この2頭を推していきます。

どちらもこれからの成長力などを想像すると非常に面白そうです。

あとはなんと言っても気性

こればかりは走らせてみないとわかりませんので、そこらへんをクリアできると大きな活躍ができると思います。

堅実に走っている馬を出していて安定を求めるのならタイタンクイーンの17

一発狙いに行くならベッラレイアの17

そういう評価ですね。

 

ここまでご閲覧頂きありがとうございました。