競馬で家を建てたいブログ(仮)

毎週競馬で勝って家を建てたいと思うブログ。ここから一発逆転できるといいですね。競馬(予想・一口クラブ・POG)のことを記事にしていきます。

シルクホースクラブの2018年度1歳馬募集馬を評価する〜ロードカナロア産駒〜

こんばんは、クロフネです。

今週末は個人的にとても楽しみな週末になりそうです。

それもそのはず。

自分の出資馬が2頭出走!

4世代で全6頭出資して現役馬は5頭。

その内の2頭出走してくれるわけですから、そりゃ楽しみなわけですね。

しかも2頭の内の1頭は勝てる可能性が非常に高そうなディアンドル(2歳未勝利)。

もう1頭は…重賞に挑戦!

しかも1000万下の条件馬の身で。

アグレアーブルです。

しかもまさかのマジックマンの異名を持つモレイラ騎手。

日本の通年免許を取りたい…というニュースもあったモレイラ騎手…毎年北海道シリーズでその名を轟かせていることもあり、非常に楽しみです。

もう一度、言います。あのモレイラ騎手が自分の出資馬に騎乗…

胸が踊りますね。

 

さて、今週末の自分の愛馬の出走についてはこのくらいにしておいて。

今回はロードカナロア産駒について評価していきます。

現3歳が初年度だったロードカナロア産駒はいきなり大ブレイク。

今のシルクを代表する馬である二冠牝馬アーモンドアイ。

朝日杯2着で皐月賞、ダービーにも出走したステルヴィオ

初年度産駒の滑り出しは最高のものとなりました。

シルクホースクラブの2018年度1歳馬募集馬でロードカナロア産駒は6頭。

9.プルーフオブラヴの17

10.ローマンエンプレスの17

42.ルージュクールの17

43.サンドミエシュの17

44.シャトーブランシュの17

45.チアズメッセージの17

率直な感想として・・・どの馬も好馬体のように思えます。

好き嫌いはありますが・・・

さすがロードカナロア産駒。そりゃダメな馬をあまり出さないわけですね。

だからこそ難しいとも言える。

そういう第一印象を持ちながらの評価となります。

よろしくお願いします。

 

9.プルーフオブラブの17  評価◯  出資したいレベルB

近親に時代を遡るとシーキングザパール、テトラドラクマがいる血統。手脚がすらっとしていてスマートな体型をしています。細身の爽やか系男子といったところでしょうか。いかにもスピード感がある美しい馬体をしています。こういう馬は非常に好みではあります。

ノーザンファーム産ではありませんが、走るんじゃないでしょうか。気性や育成次第では2000mくらいまでいけそうですね。

割と候補だったりします。

 

10.ローマンエンプレスの17    評価▲    出資したいレベルB

現時点ではやや馬体がさみしいものですが、かなり化ける可能性を秘めているように思えます。

母父サドラーズウェルズということですが、全く重苦しい感じがしないんですよね。

それでいてシルエットが非常に美しい。

アーモンドアイを意識するならこの馬が現時点で似ているのかなとも思います。

募集段階で良化や成長の余地を残していること。

この薄い馬体でありながらも立ち姿のバランスが良いこと。

アーモンドアイに非常に似ていますね。

間違いない(フラグ)。

 

42.ルージュクールの17  評価▲  出資したいレベルE

母父がリダウツチョイスということで短距離に振ってきたなというイメージがリストの段階からありました。

胸前などに筋肉がハッキリついていて、やはり短距離なんだろうなという印象を受けます。

そうなると牡馬というのもあるので春はNHKマイル狙いですかね。

悪くはないんですが、牝馬なら桜花賞があるからなーと思ってしまいます。

それでもロードカナロアみたいな活躍をするなら問題ないのですけれどもね…

それでも安心と信頼できるレイクヴィラファーム産なので堅実な馬にはなりそうかなというイメージを持っております。

 

43.サンドミエシュの17  評価△  出資したいレベルE

こちらはすらっとしている産駒ですね。

綺麗な立ち姿だなーと思うのですが、ちょっと迫力に欠けますかね。

正直良くなっていくのを見てから出資したいですね。

自分には現時点ではわからないといった感じです。

 

44.シャトーブランシュの17  評価▲  出資したいレベルE

満を持してのこの母の初仔です。

シルクホースクラブの重賞ウィナー馬であった母馬。

その初仔はロードカナロア産駒でした。

リスト段階ではお客さんだろうなと天の邪鬼な考えを持っていましたが、カタログで一変。

大きさも問題ないですし、見た目も普通に良いと思います。

気になるのは価格でしょう。

自分にはいけないですね。

 

45.チアズメッセージの17  評価◯  出資したいレベルC

「この母の子は堅実に走るし、カナロア産駒とか絶対に買いでしょ。」

とリストの時点で候補馬となっていたのですが、カタログでも文句ないですね。

現時点でケチをつけるところがないように思えます。

これからの成長が非常に楽しみな一頭。

全然ダメっていうのが想像できませんね。

関西のロードカナロア産駒では一番良いかなと思ってます。

 

まとめ

最初に書いてあるとおり、どれもよく見える産駒。

どちらかというと好き嫌いでの評価を書いてしまった感じはあります。

私はアーモンドアイのことを、価格とキンカメで走らなかったことを考えるとリスキーかなってことから早々に候補から外してしまったわけです。

あまり当時の馬体を覚えていないところからカタログ段階でいい印象を受けなかったのではないかと思います。

今はぱっとしないが、これからが楽しみな馬を選べば当たるのでは?

って考えから

ローマンエンプレスの17を推したいと思います。

厩舎は宗像厩舎ですが、アンフィトリテ(キャロット)の実績もありますから。

評価していくうちに期待が膨らんできたので、どうするかを熟考したいと思います。

次回は自分がおそらく優先を使うであろう種牡馬の産駒を評価していきたいと思います。

ご閲覧いただきありがとうございました。