競馬で家を建てたいブログ(仮)

毎週競馬で勝って家を建てたいと思うブログ。ここから一発逆転できるといいですね。競馬(予想・一口クラブ・POG)のことを記事にしていきます。

ベルフロレゾン・ディアンドルの出走〜7/14.15〜

こんばんは。クロフネです。

出馬表確定の木曜日。

今週はまさかの2頭出し。本当にありがたいですし、嬉しい限りですね。

出走する愛馬はこちら。

7/14(土)

ベルフロレゾン  函館10R ダート1700m  藤岡康太騎手

7/15(日)

ディアンドル 中京6R 芝1200m 福永祐一騎手

どちらも楽しみですね。

ここからは各馬について書いていきます。

 

ベルフロレゾン

今回はダートの1700mで出走。小倉で未勝利勝ちしたダート1700mとなっております。

未勝利勝ちは小倉競馬場でしたが、1200mからの距離延長で一発で結果を出した小回りダート1700m。

今回の鞍上は未勝利勝ちに騎乗していた藤岡康太騎手。

管理する高橋義忠調教師もこの舞台に拘ることが現状のベストと考えてるようなコメントをしております。

直前輸送でも馬体重がマイナスで出走することがほとんどであるベルフロレゾン。

函館の滞在競馬はプラスに働くのは間違いないでしょう。

500万下レースが3走目になる今回。

前走、前々走でペースアップしたときになかなかついていけないという課題を克服できるかでしょう。

最後はこの馬なりに伸びているので、そこを何とかできれば勝負になるはず。

何はともわれ、馬体が少しでも膨らんでいるといいですね。

未勝利を勝ったときのイメージで乗ってくれるのを期待しています。

 

ディアンドル

この世代の初出走。

そして自身の出資馬で最後の新馬

この世代は1頭のみ出資で乗り切ると決め、追加募集も見送りった経緯があります。

それだけにこの馬にかかる期待は個人的にとても大きなものになっております。

まずは無事にデビューするところまで来ることがてきて嬉しいです。

これは・・・もしかしたらいいところまでいくのではと感じたのが、年明けあたりから。

それまでもコメントは良い感じも半信半疑という部分がありましたが・・・

血統が似ているといえば似ているテトラドラクマクイーンカップを制したあたりでさらに期待できるようになりました。

そこから北海道で調教を重ねて入厩、一発でゲート試験合格という優等生ぶりを見せ、放牧に出てさらに良さが出てきてたあたりで

これは自信を持てる。

というところまできました。

出資段階のディアンドルの評価はお世辞にもそこまで高くありませんでした。

驚くことなかれ。この馬の募集総額は1600万円。

一口3.2万円という評価でした。

当然?のように一次募集で満口にはなりませんでしたね(笑)

それでも選んだのは

立ち姿のバランスの良さ。

歩いたときの適度な柔らかさ。

マイナス要素のなさ。

これら3つがありました。

ただ自分の中では

「(この馬は1600〜2000mくらい。2000mは願望を含めて・・・)」

と思っていたので、デビュー戦を1200mで迎えるのは意外だった部分もあります。

調教は今の所抜群に良いといっていいレベルだと思います。

3週間前の追い切りでも良かったのに、坂路に切り替わってからさらに良くなっている印象もあります。

今週の追い切りでは古馬1000万下を追走して馬なりで先着。

動画で動きを確認したところ、無理なく良いタイムを出したんだな〜という走りでした。

鞍上は今年ダービーを制覇した福永祐一騎手。

騎手コメントで

「気性が幼いところがあって周りを気にするところが心配。出来に関してはとても良いので、うまく乗って勝てるように頑張ります。」

とのことでした。

このコメントを受けて、素直に期待しております。

骨瘤が出たということで気にはしていましたが、状態は落ち着いているみたいなので、陣営にはゲートインまで引き締めてもらって、無事に出走してくれるのを祈るだけですね。

毎回思うのは無事に出走、完走してほしいということ。

その上で結果がついてきてくれるのを期待して、土日の出走を楽しみにしています。